寺下史郎は日本に初めてIRの取り組みを導入した

男の人

いい環境で働こう

2人の女性

仕事をしていると自然とストレスは溜まってしまいます。ストレスを溜めると体に良くないことばかりで、重大な病気にかかってしまう恐れも出てくるのです。そうならないために、最近から行われている取り組みがメンタルヘルス対策です。

詳細を読む

心構えやマナーを学ぼう

2人の女性

会社に新しく入社してきた社員の教育を行うのが新入社員研修です。研修の中では、会社についての知識や仕事の仕方だけではなく、社会人としての基本的マナーや心構えなども学んでいきます。

詳細を読む

書籍も販売している

会社

寺下史郎は、有名なIR会社の代表取締役を務める人物です。IRとは、投資家の人々に向けて投資のアドバイスや判断などを発信していく活動のことをいいます。IRは近年導入された活動で、重要な役割を果たしています。個人に向けて発信する場合や、企業に向けて発信する場合など様々な方法があります。株などの投資活動を行っている人々に向けて、どのようにしたらもっと利益を得ることができるのかということや、利益を得やすくなる方法などを指導していきます。また、投資家同士での情報交換なども行っています。寺下史郎は、このIR活動を日本に初めて取り入れたといわれている人物です。1997年に現在の会社に入社し、取締役まで上り詰めました。まだIRの知識もノウハウも何も知られていない日本に、このIR活動を導入したとして、寺下史郎は有名な人物となっています。自社へIRを導入してから現在に至るまで、およそ500社もの会社にこの取り組みを浸透させてきているのです。今では日本の多くの会社でこの活動がなされており、非常に重要視されています。

寺下史郎はこのような様々な経験を経て、多くの書籍を販売しています。主に、日本でIR活動を始めるに至るまでの道のりなどをまとめた書籍を販売していて、多くのビジネスマンに愛読されています。IR活動が今後どのように発展していくのか、日ごろどのような活動を行っていくのかなどといった内容を掲載しています。多くの投資家の人々が投資活動を順風満帆にしていくために非常に役立つアドバイスなどが載っています。これから投資活動を始めたいと考える人々にも参考になることでしょう。また、IR活動の具体的な取り組みを定期的に法律事務所を通じてセミナーで発表しています。その模様をまとめた書籍なども販売されていますので、ぜひチェックしてみるといいでしょう。

社会人として重要なこと

男女

会社の社員教育は、入社する前に行うものや入社したあとに行うものなどがあります。業務の流れや技術の指導をするだけでなく、社会人として必要なチームワークや意識づけも研修を通して学んでいきます。

詳細を読む

Copyright© 2016 寺下史郎は日本に初めてIRの取り組みを導入した All Rights Reserved.