寺下史郎は日本に初めてIRの取り組みを導入した

レディー

心構えやマナーを学ぼう

2人の女性

企業に就職した新入社員を教育する制度として、新入社員研修というものがあります。新しく入ってきたばかりなので、会社についてのことや詳しい業務の内容などわからないことはたくさんあるでしょう。新入社員研修では、働くうえで大切な様々なことを指導していきます。多くの会社でこの新入社員研修を行っており、一人前の社員として働くためのスキルや心構えを学んでいきます。会社に必要な知識や技術だけではなく、社会人として身に着けておくべきスキルやマナーなども学習していきます。会社に入社してからまずはじめに行われるものがこの新入社員研修になります。会社によっても行う期間は様々ですが、平均して1か月から3か月程度の期間で指導していくことが多いです。早く会社に慣れてもらい、実力をつけてもらうためにも、最初のこの研修が非常に大事になるのです。会社によっては、じっくりと研修を行っていくというところもあります。研修の期間を十分に設けて、優秀な人材を育成していくという方針の会社も中にはあるのです。

新入社員研修では、会社で働くうえで必要な知識や能力を養っていきます。先輩の社員から指導してもらったことをきちんと自分のものにしなければなりません。技術や知識のみならず、会社という団体に身を置くうえで必要となる協調性や、自主性といったものも伸ばしていきます。会社は一人で作るものではなく、みんなの力が合わさってできるものです。そのため、チームワークというものが非常に重要になってくるのです。研修を通して、仲間と助け合いながら成長していくことを学んでいきます。

Copyright© 2016 寺下史郎は日本に初めてIRの取り組みを導入した All Rights Reserved.