寺下史郎は日本に初めてIRの取り組みを導入した

レディー

社会人として重要なこと

男女

会社に就職したらはじめに行われるものが新入社員教育です。この社員教育では、様々ことを学んでいきます。その会社についての詳しい情報やどのように流れで仕事を進めているのかなどといったことを、先輩社員が指導してくれます。社員教育は入社する前に行うところと、入社した後に行うところがあります。そこで、基本的なことを覚えてもらい、実践に活かしていくのです。入社前に行う研修では基本的な社会人としてのマナーや常識といったことを指導していきます。また、入社した後にすぐに業務につけるように仕事の流れなども覚えてもらいます。主に、通信教育や講義などで行う場合や、外へと出向き研修を行うこともあります。

また、入社した後の社員教育では、期間も比較的長く行うことが多く、内容もより深いものとなっています。学生だった人たちに向けての研修も行っており、社会人としての意識の持ち方を身に着けていきます。学生とは違い、社会人になると自分の行動にきちんと責任を持たなくてはなりません。その意識づけを行うのがこの研修の大きな目的となります。また、この会社の方針なども研修を通して学んでいきます。会社によって様々な方針を持っています。日々の業務に取り組むうえで、この方針というのは非常に重要な意味合いを示しますので、しっかり把握しておきましょう。そのほか、一緒に入社した仲間とのチームワークを築く目的もこの研修にはあるのです。会社はチームワークが良くなければ機能していくことはできません。良いチームワークを築くと、自然と会社の業績も上がっていくことでしょう。きちんと業務をこなせることも大事ですが、人との信頼関係を築くことも社会人として大事なことなのです。

Copyright© 2016 寺下史郎は日本に初めてIRの取り組みを導入した All Rights Reserved.